[CakePHP2]CakeDC の Tags を導入してみた。

CakeDC の Tags を使ってみていますよ

こんばんは、PHP初心者のJapdoorです。

今回は、今やデータ管理の定番の『タグ付け』を実装しているプラグイン導入をやってみましたよ。
本記事は初心者向けの記述になってますので悪しからず。

インストールターゲット

↑ここで手に入るので、zipとかgitとか各種DL方法に対応しているので、適当にDLしましょう。

配置

zipを前提に話を進めると、unzipして親ディレクトリをTagsにネーム。
で、app/Pluginの下に移動。
app/Plugin/Tags ←こんな感じになるように。

コンフィグ設定

↓こいつに追記。
app/Config/bootstrap.php

CakePlugin::load('Tags');

テーブル作成

テーブル作成はプラグインにモジュールが付属しているので、半自動で行えます。
作られるテーブルは、

  • Tags – タブテーブル
  • Tagged – 関連付け管理テーブル

既存で同名のテーブルがある場合は、このモジュールは使用できません。
コマンドはコンソール配下で実行

cake schema create --plugin Tags --name tags

モデルに設定

タグ化したいテーブルのフィールドにビヘイビアを指定

public $actsAs = array('Tags.Taggable');

ビューに追加

tagsフィールドを他のフィールドと同じように指定すると、登録等が可能に。

タグクラウドの取得

$this->Model->Tagged->find('cloud')

書きかけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です