スマホ向けのCPU(Snapdragon, TI OMAP)まとめ

スマホ向けのCPUまとめ。
発売済みの物から、発売前の物まで。

TI OMAP

シリーズ ベース プロセスルール コア数 周波数 グラフィック
OMAP 3シリーズ ARM Cortex A8 65nm→45nm 1 600MHz-1.2GHz PowerVR SGX530
OMAP 4シリーズ ARM Cortex A9 45nm 2 1GHz-1.8GHz PowerVR SGX540
OMAP 5シリーズ ARM Cortex A15 28nm 2 2GHz PowerVR SGX544MP

Snapdragon

シリーズ プロセスルール コア数 周波数 グラフィック
Snapdragon S1 65nm 1 1GHz Adreno 200
Snapdragon S2 45nm 1 800MHz-1.5GHz Adreno 205
Snapdragon S3 45nm 2 1.2GHz-1.5GHz Adreno 220
Snapdragon S4(仮) 28nm 1-4 -2.5GHz Adreno 225-320

どちらのメーカーにも言えることですが、
グラフィックが特別に強化されているような特異な製品もあるので、
スペックは参考程度にお願いします。

簡単に解説

プロセスルールが小さくなると、
→消費電力が少なくなり(=発熱が抑えられ)、動作周波数のUPが可能
→動作周波数のUP(=処理能力の向上)

ここで、勘違いされやすいのが、動作周波数が高いからと言って、電池の減りが速いわけではない点。
CPUは常に最大の周波数で動作するわけではないし、
同じ処理をするのであれば、処理能力が高いCPUの方が短時間で処理が可能なため、
アイドルタイムが長くなり、その間は低コストで動作している。

現代においては、制御技術が物を言います(と思ってます)

間違いなどあったら、コメント欄から教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です